GPSを使えば、自分で浮気調査ができるのか?

恋人や夫婦の浮気を調べる方法には、探偵に浮気調査を依頼するか、自分で浮気調査をする2通りの方法があります。

探偵に浮気調査を依頼したくても、調査費用が高くて依頼出来ないという人は、自分で浮気調査をしようと考えます。

このとき、自分で浮気調査をする方法のひとつに、「GPSを使って浮気調査」があります。

GPSを使った浮気調査は、やり方も簡単でコストも安い、という利点のある、素人でも簡単にできる浮気調査の方法です。

今回は、このGPSを使った浮気調査で、浮気の何を調べることができるのかと、GPSを使った浮気調査の方法について簡単に解説したいと思います。

GPSで浮気の何がわかるのか?

GPSを使って浮気の何がわかるのかと言えば、「浮気現場がどこか」を調べることが出来ます。

GPSを使えば、恋人または夫婦が浮気相手と待ち合わせをする場所、または浮気相手と一緒に過ごす場所を特定することができます。

浮気現場がどこかを突き止めることができれば、浮気の証拠は容易に手に入れることができます。

浮気の証拠とは、「浮気相手と一緒にいる所」や「ホテルや浮気相手の家へ一緒に入る所」のことです。

GPSを恋人や夫婦の持ち物に取り付けることで、浮気現場を特定し、浮気の証拠を手に入れることができます。

GPSを浮気調査に活用する方法

GPSを使って浮気現場がどこか特定することができる、ということはわかりましたが、GPSをどのように使えば浮気現場を特定できるのか。

探偵もよく使う手段として、GPS発信器を調査対象者(恋人または夫婦)の車に取り付けます。

車の車体下なら、調査対象者にGPS発信器が見つかる可能性も低いですし、浮気に車を使う人は多いので、浮気現場を特定できる可能性はかなり高くなります。

では、車に取り付けるGPS発信器はどんな物を使えばいいのか?
GPS発信器には2つのタイプがあり、特徴に違いがあります。

・ロガータイプGPS
GPSを取り付けた車が移動したログを保存するタイプのGPSです。
ロガータイプは、常に最新の位置情報を見ることができるわけではありません。

・リアルタイムGSP
車のGPS案内のように、リアルタイムで位置情報を表示するタイプのGPSです。
GPSを取り付けた車の現在地をリアルタイムで確認することができます。

また、最近はスマートフォンのアプリをGPS発信器の代用品として使うケースもあります。
スマートフォンのGPSアプリは、リアルタイムGPSと同じで、スマートフォンの現在地を確かめることができます。

これらのGPS発信器を恋人や夫婦の車に取り付けることで、浮気現場を突き止めることができます。

基本的に、GPSを一度取り付ければ、GPSのバッテリーが持つ間は位置情報を常に監視することが出来ます。

そのため、自宅に居ながら、浮気現場を特定する浮気調査が可能ということです。

GPSを使った浮気調査の問題点

GPSを使って自分で浮気調査をする方法はメリットしかないように思われますが、デメリットが無いわけではありません。

例えばGPSを使った浮気調査のデメリットとして、「調査対象者が車を使わないケース」があります。

先に紹介したGPSを使った浮気調査では、GPS発信器を車に取り付けて行います。

しかし、調査対象者が車を使わない、移動手段として徒歩や電車を使っていた場合などでは、GPS発信器の取り付けが難しいです。

また、GPS発信器を車に取り付けることができても、GPSでわかるのは浮気現場がどこか、という情報だけで、直接的な浮気の証拠とは言えません。

他にも、GPSを使った浮気調査では、GPSの取り付け方を失敗したり、浮気の証拠を手に入れようとして無理な調査をして失敗した等の失敗事例が沢山あります。

自分でGPSを使って浮気調査をしようと考えている人は、必ずGPSを使った浮気調査のデメリットや失敗を調べてから、同じ失敗をしないように浮気調査してください。

GPSと探偵の浮気調査を併せて使う

浮気調査を失敗しない方法でやりたいというなら、GPSを使うのと併せて、探偵に浮気調査を依頼するのが成功率の高い方法です。

なぜなら、探偵は浮気の証拠を集めるプロです。

GPSを使って浮気現場がわかったのなら、その浮気現場での証拠撮影を探偵に依頼すればいいのです。

そうすれば、事前に尾行調査を行う手間を省くことができ、調査期間も短くて済むので、調査料金も安く依頼することができます。

絶対に失敗が許されない浮気調査だからこそ、準備を整えて、浮気の証拠取得に挑むようにしてください。